【インコのおやつ】かじります!

2020年7月25日

スポンサーリンク

どーも!ドラコです。

今日は週に一度のお休みです!!

6勤が年末まで続きます!

ツラすぎるので2記事続けて言っちゃいました!

今日はアーちゃん、ミーちゃんのゴハンを買いに行ってきたのですよ。


スポンサーリンク

インコのおやつについて以前の認識

ドラコは以前まで、インコのおやつってあまり好きではなかったのです。

好きじゃなかったというか・・・信じられなかったというか・・・。

自然にはないもの、いわゆる不自然な人工物をインコにあげるっていうのは、インコの長生きとか健康に良くないんじゃないかって思っていたんですね。

だから、「インコのおやつ」と謳ってるものって買ったことがなかったんですよ。



インコのおやつに対する今の考え

いろいろぐちゃぐちゃと考えてて、「あ、うちの子は野生じゃない。もう最初から人間と一緒だったんだ」って、すっごく単純なことに気が付いたんですよ。

よく飼育本でも食事に関しても「野生では~」とか「自然では~」とか出てくるんですね。

それもすごく大事な考えで、絶対忘れちゃいけないことではあるんですけど、それに縛られてていいんだろうかって思ったんです。

だって、野生の再現なんて、到底無理なんですよ。

でも、もう一緒にいるじゃないですか。

今更、「だから野生の生き物なんて飼わなきゃいいんだ」なんていう人もいますが、そのセリフ自体くだらないです。

そんなのただの思考停止で進まないじゃないですか。愚かですよ。

話が逸れましたが、やっぱり、あるものは良いものを取捨選択して利用すべきだと思ったんです。

おやつだって、あの子たちに良い効果をもたらすよう工夫しよう!そう思ったんです。

買ってみたインコのおやつ

ドラコが買ったインコのおやつはこちら!

主原料がムキエン麦で、国産かきがら、卵黄入りビスケットなどが入っており、ビタミン・タンパク質・ミネラル類が摂取できるようになっています。

またケージに設置できるように、緑色のプラスチックの挟むものが入っていました。

結構硬くて、かじりごたえがありそうな感じです。


おやつを試すきっかけ

アーちゃんの場合

マメルリハのアーちゃんは、とにかくかじりたい子なので、かじる用に欲しかったんですね。

最初はおやつではなく、かじる専用の木を買って設置していました。

これなんですけど・・・

ドラコ
ドラコ

アーちゃん、かじらないで止まり木にしちゃったんだ・・・。

そう、ただの太い止まり木と化して、遊ばなかったんです・・・。

それで、「食べられるものならかじるだろう!」ってことで買ってみたんです。

これがなかなか上手くいきました!

設置場所を変えたり、おやつの向きを縦にしたり横にしたり、工夫次第で結構遊んでくれます。





ミーちゃんの場合

サザナミインコのミーちゃんですが、硬いものを齧れるんだろうかと心配でした。

それでも試したのは、この「かじりま専科」の主原料がムキエン麦だったからです。

前にも記事にした通り、サザナミインコはシード食だと未消化便をしてしまうことがあります。

これが食べられれば、栄養も取れて消化にも良いかと思いました。

まだペレットよりもシードの方が好きなので、できるだけ消化の良いムギ類を多く食べさせようと思って。

今のところ、楽しんで食べているようです。



動物マンガ(1コマ)

スポンサーリンク