大きい地震が来た時にインコと避難をするためのキャリーケージを考える

スポンサーリンク

どーも!ドラコ(@d0rak0612)です!

ドラコ
ドラコ
最近地震多いよね・・・。

2011年3月11日、震度6弱の地震がドラコを襲いました。
家の一部が壊れたりライフラインが止まったり・・・。
命は助かったものの大きな余震もあり、すごく怖かったです。

その当時は、セキセイインコのグーちゃん、マメルリハインコのベリーちゃん、エゾサンショウウオのカワちゃんとともに安全な場所に避難してました。

まぁ、車の中なんですけどね。
避難所に指定されてるところも壊れたらしかったので。

実家のドラコ父の車に避難したんだけれど、その時インコたちが入っていたのは、キャリーじゃなくて小さめのケージだったんです。

少し強度が足りない気がしてた…。

それなりの広さがあって、ちょっとぶつかったり物が落ちて来たりしても壊れない!っていうキャリーケージが欲しい!

そう思って、色々商品を見てみたのです!

 

スポンサーリンク

さっそく買ってみた

展開早くない?

ドラコのうちは金もスペースも余りがないのでね。
めぼしいものを片っ端から買って試して「これが一番だぁ!」なんてことはできないのですよ。
ネット上に載ってる商品の情報とか口コミとかを読みまくって選びました。

これです。

割と大きいし頑丈そうでしょ?

キャリーの内容レポ

部品について

止まり木とエサ入れが2つ付いてました。

普通のケージみたいな感じですね。
ゴハンもお水も結構入るようになってます。

止まり木は太めのが一本入っています。
中型用の太さのような気がします。
止まり木の両端に切れ込みが入っていて格子に挟むタイプです。

このタイプの止まり木は設置が苦手ですよ、ドラコは!!

うまく嵌めないと、ガタンって外れてインコをビックリさせてしまいます・・・。

これは付属以外の止まり木を使ってもいいかもしれません。
短めのものなら入ります。

バッチリ固定できるのをお勧めしますね!!

 

大きな扉が良いが…

以前キャリーを何種類か買ったんですけど、どれにも共通してたのがインコが自分で入りにくいってことだったんですよね。

このキャリーは扉が大きく開くので、インコが自分から入るのにも良いです。

また、地震が来て慌てて逃げる時に、ドラコがアーちゃんミーちゃんを掴んで入れるにしても、大きな扉はとても役立ちますね。

足とか翼とか引っ掛けて怪我させる心配も少なくなります。

そして、この扉にT字の止まり木がつけられれば…
インコさんが自分で入るのには良いのだけれど…

うーん…残念…

普通のケージより丈夫ってことで格子の部分が太いようです…。

これはネジとワッシャーを買ってきて自分で作ってつけた方がいいかな?

 

マメルリハを入れた場合

ネットでキャリーを買うときに、どのくらいの大きさかイメージするのが難しいと思うんですよ。

なので載せてみました!!

マメルリハはこんな感じで、結構余裕があります。

もし中長期の避難になっても、狭すぎるとかの問題は解消されるのでは?

 

サザナミインコを入れた場合

慣らす必要がありますね!!!当たり前か!

ぼってりめのサザナミインコですが、それでも小型インコです。
このくらいの広さなら、多少は我慢できるのでは?

そして・・・

うちのミーちゃんはテントに入ると安心するみたいです。
普段は発情防止のためにケージに入れていないのですが、こういう場合は入れようと思います。

でも、うちにあるテントだとちょっと邪魔そう・・・。

もっと小さいテントならどうだろう?
これより小さめの青いのとか、草でできてるテントとか…

ドラコ
ドラコ
テントも今は可愛いのがたくさんあるね!

 

 

今回買ったキャリー

これです!
丈夫な分少し重たいですが、振り回してぶつけても大丈夫でした!
あ、もちろんインコは入れてないですよ。空の状態で振り回したんです。
まさか壁にぶつけてしまうと思いませんでした・・・。
ゴハンとお水の扉も出入り口の扉も固めで、簡単に開かないのが良いですね!
ドラコ
ドラコ
試しに一個だけ買ったからもう一個買わないと。
最後まで読んでくれてありがとう♪

スポンサーリンク