会社の中に迷い込んで弱った大きいコオロギを外に逃がしたよ!

2021年11月3日

スポンサーリンク

どーも!ドラコ(@d0rak0612)です。

「『ドラコの動物レポ』なのに、なんで昆虫の話をするんだ!」と喚く人もいると思うので、あらかじめ言っておきますね。

ドラコ
ドラコ

コオロギは節足動物だよ!

ほぉーら!動物でしょ?

動物生態学とかにも、しっかり昆虫の話が入ってくるのですよ。だから動物です!

屁理屈ですか?上等です。

今日は、エンマコオロギを解き放つお話なのです。

スポンサーリンク

エンマコオロギのプロフィール

体長は2.6~4.0cm 結構大きくて、突然現れるとビックリしますね。

分布は、北海道、本州、四国、九州、対馬と割とどこにでもいます。

出現時期は7月から11月で、うーん・・・まぁ、夏から秋って虫ならではの時期ですよね。

出現場所は、草原、荒地、土手、畑にいるらしいのですが、田舎だとお家の中に勝手に入ってきています。

まぁ、昆虫ですからね、勝手に入ってきますよね。「お邪魔しまーす」とか言って入ってこないですね。もし、そんなふうに入ってくる日が来たら、箒とかで邪険に追っ払いますね。お茶なんか、出しませんよ。




勝手に入ってきていた

ドラコが助けた子も、もちろん勝手に部屋の中に入ってきていたのです。

そして、部屋の真ん中に倒れていました。

足を伸ばしてグッタリしていたので、もうお亡くなりになっていると思ったのです。

とりあえず、食品工場に侵入した証拠写真を撮って、弔ってあげなければいけないと思い、袋に入れようとしたのです。

そうしたら、弱々しく足をビョンビョンさせているのですよ。

ドラコ
ドラコ

まだ生きてる!お外に逃がしてあげたい!

 

上司に報告する

ドラコは、工場の中でエラい立場の人を探しました。課長を発見!

ドラコ
ドラコ

あ、課長に相談だ!

ドラコ「課長!おはようございます!」

課長「おぅ。おはよう。」

ドラコ、課長の目の前にコオロギの入った袋をずずいと差し出した。

課長「うぉ!?ん?これは・・・?」

ドラコ「コオロギです!!」

課長「・・・ゴキブリではないよね?」

ドラコ「はい、この子はエンマコオロギです!」

コオロギが部屋で倒れていたこと、まだ生きていることなどを課長に話しました。



 

コオロギはメスだった

産卵管が、コオロギさんのおケツからニューっと伸びていたのです。

ドラコ「課長、この子は女の子ですー」

課長「え?そうなの?」

ドラコ「はい。しかも、お子さんを産んだばかりのお母さんです。産卵後で疲れていたんです」

課長「うぅーん・・・俺は虫に詳しくないから・・・よくわからないけども・・・。そいつのお子さんがそのうち出てくるのか・・・」

写真を撮った旨を伝えると、外に逃がしてもいいと言い、課長は奥に引っ込みました。



 

別の上司にも見せた

ドラコ
ドラコ

一応、他の人にも言っとこう!

 

ドラコ「係長!コオロギのお母さんです!弱ってます!」

係長「まだ生きてるのか?写真一応撮っといてくれー」

ドラコ「撮りました!侵入者なんですけど、逃がしたいです!」

係長「そうだなぁ・・・袋の中で最期を迎えるより、大自然の中で尽きる方がいいだろうなぁ。よーし!外に逃がしてやってくれ!」

ドラコ「はい!逃がしてきます!」

上の人が、侵入者のコオロギさんに寛大でよかったです。



 

動物マンガ

ドラコ
ドラコ
河原まで距離あるし、仕事サボってるって言われたら困るから・・・。
最後まで読んでくれてありがとう♪

スポンサーリンク