4歳のサザナミインコの卵詰まり ~下腹が膨れてる気がする~

サザナミカルテ
スポンサーリンク

ずっと男の子だと思われたウチのサザナミインコ、ミーちゃん。

2020年11月3日に初めて卵を産み、女の子だったことが判明。

それから発情抑制はしてきた。

紙には潜らせないように。大好きなテントも没収。おもちゃもたくさん交換した。

ミーちゃんはそれから卵を産まなかった。

うまくいってるものだと思ってた。

スポンサーリンク

違和感を感じた4月20日の夜

ミーちゃんの下腹が膨れている気がした。

ミーちゃんは、サザナミインコらしく「溜めフン」をする。

膨れてても、フンだった場合は出した後、下腹がペッタラと戻る。

そしてもう一つの可能性・・・たまご。

私はまだ、サザナミインコの下腹が膨れているときに

フンなのか卵なのか、見ただけでは判断できない。

だからそれを確かめるため、外で遊ばせようとした。

ミーちゃんは外で遊ぶときは、入り口のT字の止まり木にとまってフンをする。

体を軽くしてたくさん飛ぶためだと思う。

そしてお腹がへこめば、フンが溜まっていただけということになる。

そうであってほしいと願って外に出した。

ミーちゃんはいつものようにフンをした。

おなかは・・・まだ膨らんでいた・・・。

・・・たまご・・・。

そもそも、フンの仕方がいつもと違った。

いつもはしっぽをくの字に曲げて、ふんっ!って大量に噴射するのに

今日はしっぽを伸ばしたまま、後方にビャッと飛ばしてきた。

・・・おなかに卵があって曲げられないのか?

元気で食欲はあって、いつも通り遊んだ。

下腹が膨らんでる以外は、いつも通りの元気なミーちゃんだった。

サザナミインコの卵あるなし比較写真

ケージにくっついてるとき

ぼっこりおなかが分かりやすいポーズ。

足でもって食べてるとき

卵なしは、おなかの羽をふんわりさせてる。

ありのほうは、羽が体についててもボコッとおなかが出てる。

スポンサーリンク

産むのを待った4月21日

もしかして産んでるかもしれない。

朝期待して起こしたけど、産んでなかった。

下腹は膨れているけど、元気にぶら下がって遊んでいた。

ゴハンももりもり食べていた。

そう、別に具合悪くないし、初産じゃないし、きっと自然に産めるはず!

自分に言い聞かせても、不安で仕方がない。

まだ発見から24時間以内。ミーちゃんの体調はすこぶるいい。

私が不安になってどうする!

その不安がミーちゃんに伝染してしまう!

私にできることは、いつもと変わらず接すること、栄養を摂らせること、温湿度管理をしっかりすること、そのくらい。

スポンサーリンク

今回見られた行動

発情期の時の「きょきょっ」「ふぃふぃー」という鳴き声をよく出していた。

話しかけたり注意をそらすと「ピョロピョロ」と普通の声に戻っていた。

ケージの下に降りてきて、網の下の敷き紙を引っ張り出そうとしてた。

巣を作りたいんだと思う。

下にいるとき、声をかけたり手を見せると、「あ゛ーーー!」と怒って羽を広げて走ってきた。

ちょっとイライラしてたみたいだった。

初めて卵産む直前は反抗期かってくらいもっと怒ってた。

それよりは弱めだったけど、怒りっぽくなってた気がした。

スポンサーリンク

今回した看病

・温度22℃ → 28℃

・明るく接する(ミーちゃんを不安にさせないように)

・よく観察する(食欲、行動、下腹)

タイトルとURLをコピーしました